働きやすさを求めて!出勤体制

一つの会社で長く働くなら週休二日制の会社を選択しよう

ドライバー求人を選ぶ時にチェックするポイントは人それぞれですが、一つの会社で長く働きたい場合は、週休二日制を採用しているところを探すのがおすすめです。特に、早朝や夜間の出勤回数が多くなりがちな長距離ドライバーの仕事は、業務の疲れが翌日まで残ったり、リフレッシュができずストレスが溜まったりしやすいため、慎重に勤務先を決めることが大切です。最近では、ドライバーの処遇改善を図るため、正社員や契約社員、パート社員など様々な雇用形態のドライバーを採用したり、一か月あたりの休日を増やしたりしているところが目立ちます。なお、初めてドライバーの仕事を探す人は、機会があれば休日の取りやすさについて経験者に直接話を聞いてみると良いでしょう。

正社員にこだわらなければ夜勤や早番が無い会社をチェックしよう

ドライバーの仕事に興味はあるものの、あまり体力に自信が無いという人は、夜勤や早番など不規則な時間の勤務が無いドライバーの求人をチェックするのがおすすめです。たとえば、派遣社員や契約社員、パート社員などの正社員以外の働き方を選ぶ場合は、昼間の時間帯だけ業務を担当しやすく、体に負担を掛けずに長く働くことが可能です。また、会社によっては雇用形態によって手当の金額や支給条件などに差を設けないところもあるため、採用試験を受ける前にじっくりと各社の待遇の良し悪しを比較することが大切です。その他、正社員のドライバー数が少ない運送会社では、非正規雇用のドライバーが夜勤や早番を担当することもあるため気を付けましょう。

一言で運転手と言っても、トラックやバス、タクシーなど様々な仕事があります。又、何を運ぶのかによって必要な免許も変わってきます。運転手の求人を探すなら何をしたいかを明確にしておいた方が良いでしょう。