接客に必要!人当たりの良さ

人当たりが良ければ仕事が増える

ドライバーに求められるスキルというと、真っ先にイメージされるのが高度なドライビングテクニックではないでしょうか。確かに、車を運転する仕事である以上、一定以上の運転技術が必要になるのは間違いありませんが、運転がうまければ必ずドライバーとして成功できるというわけではありません。 というのも、ドライバーの仕事は、単に任せられた荷物を目的地に運ぶというだけでなく、送る荷物の中身について荷主と確認を行ったり、いつまでに届けなければならないかを関係者間で調整したりといったこともしなければならないからです。それらのコミュニケーションをそつなくこなすためには、人当たりの良さが欠かせません。融通が利かない堅物だと思われてしまうと、重要な仕事を任せられなくなってしまう恐れもあるのです。

人当たりの良さを磨くためには

では、人当たりの良さはどのようにすれば磨けるのでしょうか。中にはこれまでの人生において知らないうちに人当たりの良さが身についているという人もいるかもしれませんが、そうでない人であっても訓練をすれば十分にドライバーとしてやっていけるだけの対人スキルを身につけることは可能です。具体的な訓練方法としておすすめなのは、日ごろからできる限り多くの人とコミュニケーションを取るようにし、その際、しんどかったり、体調が悪かったりしても、できる限り笑顔を絶やさないように心掛けるということです。根暗な人でも笑顔を振る舞いていれば、人当たりが良いように見えますし、積極的にコミュニケーションを取るようにすれば、自然と対人スキルも向上するでしょう。

ドライバーの派遣を利用すれば、急なドライバー人員不足を補うことができます。運転する車種や業態により派遣される人員もかわります。