働く上で大切!運転技術

無事故無違反の継続が重要

ドライバーは安全運転が求められます。事故などトラブルを起こしてしまった場合、自分の仕事がとまってしまい代役を立てなければならなかったり、お客様の要望に計画通り対応できなくなったりします。また、トラブルの補償は会社が行うので損失にもつながるのです。そのためには無事故無違反を継続することが重要で、普段からの危険予知訓練と運転技能の向上がポイントです。危険予知訓練は、運転シーンを教材にして何が危険かを危険ポイントを指摘して対応策をメンバーと議論します。運転技能向上は定期的に運転の技能のテストを実施します。狭い道での離合や駐車など業務上想定される運転難易度の高いシーンを作って訓練します。外部機関を利用した自己啓発も可能です。

車両の大きさに応じた運転技術

ドライバーが運転する車両のサイズは大型から小型までいろいろあります。また、バックモニターや警報装置など安全装備が搭載されているものもあるのです。こうした多様な車両が存在する中、自分の運転技能に合っているかが重要となります。 例えば、普段軽自動車の小型車しか普段運転していないのに中型トラックを業務でいきなり利用するのは危険です。車幅や長さの感覚がないまま運転すると接触事故につながるためです。また、バックモニターの安全装備に慣れていないと画面に示される風景と自分の感覚が合わずに接触につながります。ドライバーの仕事に就くときは具体的な車両を把握したうえで自分の運転技能に合っているかを判断することが重要です。また、入社後に運転能力向上の研修や講習が充実しているかもポイントです。